フキハラで離婚する方もいます

離婚についてのセミナーを企画しました

フキハラで離婚になる?

フキハラで離婚になる?

羽鳥慎一モーニングショーで紹介されました。
@morningshow_tv
R3.8/11放送「不機嫌ハラスメント”フキハラ”急増中」コロナ禍に加え、夏休みやお盆で家族との時間も多い今、『不機嫌ハラスメント』、通称『フキハラ』が増     

                えているといいます。

フキハラとは、パワハラ、セクハラ、モラハラなどと同じく相手に不快な思いをさせたり嫌がらせしたりする行為で、「不機嫌ハラスメント」を略した造語です。これは、不機嫌な態度で特定の相手を委縮させ、相手は過剰に気を遣う状態をフキハラと呼ばれています。

フキハラで体調を崩すことも

フキハラをする人は自分のイライラやつまらないという感情を隠そうとせず、むしろ自分の不機嫌さをアピールする行動に出ます。周りの人は場の空気を少しでも良くしようと気を遣い、フキハラをする人を不機嫌にさせないよう神経をすり減らすため、体調を崩すことも珍しくありません。

特定の人に不機嫌な態度をとる行為は以前から見受けられましたが、「ハラスメントを止めよう」という社会的な流れの中で、フキハラという言葉が取り上げられて多くの人の共感を呼びました。夫婦や家族、職場での対人関係を見直すきっかけとして使われ始めています。

フキハラとモラハラの違いとは?

「フキハラ」のハラスメント行為について公的な定義はまだありませんが、離婚相談を受けている中で一般的には突然むっとした表情や強い口調になる、急に黙り込むなどがハラスメント行為が原因で考えるようになったという方が出てきました。

 

フキハラの具体例

では、フキハラの具体例として相談者の方はどんなことを上げているか?夫婦間のフキハラは夫から妻へ、妻から夫へとどちらのケースもあります。家庭内では、収入面や身体的なパワー面で夫のほうが上の立場になることが少なくありません。理由がわからずスイッチが入ったように不機嫌になる夫に対し、「どうしたら不機嫌にならないかな」「なんで怒ってばかりなんだろうと感じることが長く続くようなら、フキハラの当事者になっている可能性があります。

第1例: 外で人当たりが良いけれども、家の中では家族を寄せつけないオーラを発するようなケースです。

突然スイッチが入ると、音をたててコーヒーカップを置いたり声のトーンが下がったりするので、回数が増えてくると周りの人は怖いと感じようになります。

家の中の態度とリモートワークで職場の人と笑いを交えて話す姿を見て、そのギャップにパートナーがフキハラではないかと気づくこともあります。

第2例:理由なくイヤな顔をしたり、突然黙り込む夫

聞こえないふりや聞こえているのに返事をしないようになる場合は、一般的にフキハラといわれています。話しかけたとき眉間にしわを寄せてため息をつくようなことがあれば、それは立派なフキハラといえるでしょう。

フキハラをする人は自分のペースが乱されるのを嫌うため、なにかを頼まれたり質問されたりすると不機嫌になる傾向があるようです。

第3例: 寝起きが悪く不機嫌だ

「朝起きてきたら不機嫌だった」という態度はフキハラです。起き抜けず身体がだるいと感じても、それはパートナーのせいではありません。もしかしたら「眠りがあさく疲れがとれなかった」「夢見が悪かった」などの理由はあるのかもしれません。でも説明もなくパートナーにあたるのであれば、それはハラスメントにつながります。

第4例: いきなり不機嫌スイッチが入る

自分の思い通りにならなかったときとか発作的に不機嫌になることが続くのは、フキハラの可能性があります。また、きっかけはささいなことから起こる場合がほとんどです。

しかし、される側からすると不機嫌になるタイミングがわからないので、「とりあえず相手の言うとおりにしよう」と従うことを優先するようになると慢性的なフキハラを受ける関係に陥りやすいので注意すべきです。

 

フキハラの「対策」はあるか?

1.家庭内の挨拶を元気にする

2.少しのあいだ距離を置く

3.言葉で伝えることを促す

             4.思いやりを持って接する

             5.夫婦で話し合う

これらの行動をとりにくい方もいらっしゃるでしょう。

しかし、引き返せない事態になる前に

➡ 「離婚と相続のADRセンター」
   でご夫婦カウンセリングをお進めしています。

公的な夫婦のハラスメント窓口に相談する

➡ 相談窓口:厚生労働省委託事業
       「ハラスメント悩み相談室」

 

ADR離婚相談申込みフォーム

以下のフォームに必要事項をご記入の上、「送信する」ボタンをクリックしてください。

必須

(例:鈴木花子)

必須

(例:すずきはなこ)

必須

(例:example@example.com)

必須

(例:090-0000-0000)

(例:福岡市中央区)

(例:4月1日 10:00〜12:00、午後 など)

(例:4月1日 10:00〜12:00、午後 など)

(例:4月1日 10:00〜12:00、午後 など)

必須

テキストを入力してください

※次の画面が出るまで、4〜5秒かかりますので、
続けて2回押さないようにお願いいたします。

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご確認のうえ、メールにてご連絡ください。

送信先アドレス:example@example.com

お問合せはこちら

092-921-9480

ご相談の申込みはメールでもお受けします。お気軽にお問合せ下さい。

   ※申立料 11,000円(税込)
   ※第1回調停 5,500円(税込)
 以降各回ごと 

*上記費用はお一人様分です

お問合せはこちら

092-921-9480

ご相談の申込みはメールでもお受けします。お気軽にお問合せ下さい。

   カウンセリング型 離婚相談  

お二人同席 カウンセリング 
1時間
   11,000円(税込)
 90分 16,500円(税込)  
*ADR調停利用相談は無料

 1通 88,000円 (税込)
 *公証役場費用は別途

博多駅・天神で出張相談