養育費の話合い相談を始めました!

養育費(子の監護費用)を裁判所に行かずに当センターで話し合いで決めるというものです。

協議離婚をするに当たり、まずは養育費を決めましょう。すでに決めた養育費の減額・増額の話し合いも可能です。
*養育費を話合いで決めるにあたり、子どもの生活を優先させる意味でも短期間の

3回までの話合いで成立させることを目指します。

詳細はこちらへ

大丈夫ですよ!
一緒に問題を解決しましょう?

離婚調停模擬講座inアミカス
~親と子の絆むすび3回講座~

お母さんとお父さんの
      離婚協議とADR調停講座

   大丈夫  一緒に離婚問題を解決しましょうか 

私は平成18年から福岡家庭裁判所の調停委員に採用され、15年間調停を経験させて頂きました。私が担当した当時の調停では、多いときには1カ月に約20件、年間では200件位ありました。15年の調停経験で、通算3000回位調停に立ち会ったことになります。
なお、調停では事件が解決することを成立といいます。この成立までに担当した事件では平均4回位(月に1回開催で4ヶ月かかることになります)の調停をしましたから、これまでに750件位の調停を担当したことになります。

この担当した750件の調停では、「いろいろと考えて離婚はしません。もう一度頑張ってみます!」と当事者に言ってもらった経験、つまり円満調停といいますが、これが、一度もないのです。全部、離婚という結果で終了しました。

今日こそは円満に終了しますようにと、気合を入れて調停室に入りますが、悲しいことに結果はやっぱり離婚です。

しかし、嬉しいこともありました。それは、成立したあとに当事者の方に感謝されたときです。調停終了後に書記官が当事者の方を調停委員の控室に案内して、「お世話になりました」とお礼を言われるために訪ねてこられたときです。中には、ケーキを買ってこられて「食べて下さい」と言われたこともあります。もっとも、受け取れないので食べられません。もったいないと思いましたが。このケーキの調停は、不成立で裁判に移行しました。いずれにしても、全部離婚です。

悶々と調停の回数を重ねる中で、何とか円満離婚で調停を終了する方法や技術はないかと考えていた矢先、ADR調停と出会いました。

では、ADR調停と家裁調停の違いは、どこにあるのか?それぞれのメリットは、デメリットは? それは、皆様にこの講座の第2回目で模擬家裁調停を体験して頂き、3回目では模擬ADR調停を体験して頂きその違いを体感していただく予定です。

では、なぜこの調停模擬体験セミナーを思い立ったのかという理由ですが、みなさまに調停が家族問題の解決に大きな役割を果たす気づきとヒントになるではないかと考えたからです。そして、第三者が入る調停の進行を体感して頂く中で、ADR調停と家裁調停のメリット・デメリットを体感して頂き、「離婚するときに考えておくべきこと」をしっかり把握頂きたかったからです。・・・
心からご参加お待ちしております。

 

悩みは一人で抱え込まず、まずはご相談ください

まずは、あなたの声をお聞きします。
それから、最初の一歩を踏み出しましょう。

アミカス市民グループ活動支援事業

   セミナーのご案内

   お母さんとお父さんの
   離婚協議とADR調停講座
 ~親と子どもの絆むすび3回講座~

    

離婚の方法のうちで協議離婚が9割近くを占めます。しかし、夫婦間の十分な話し合い、取り決めができずに、養育費、面会交流などの問題を取り残すケースが多くあります。問題を抱えたまま、どうすればよいか分からない人、誰にも言えず悩んでいる人も多く、また問題を抱える時間が長いほど、複雑化し、解決も難しくなり、その結果、子どもへの悪影響も増大します。そこで、早期かつ円満に離婚を解決する方法として家裁の離婚調停の進め方と併せてADR調停を紹介し、活用方法とメリットを説明します。
            離婚と相続のADRセンター センター長 水田耕二

日時:第2回講座 令和4年8月28日(日) 13:30~16:00(13:00開場) 
場所:福岡市南区高宮 アミカス
  (福岡市男女共同参画推進センター)

離婚の方法には、夫婦が話し合いで離婚の合意をする協議離婚、家庭裁判所が関与して離婚の合意をする調停離婚、そしてもう一つの方法が裁判所が離婚を認める裁判離婚があります。私たちは離婚をお考えの方のためにどのようなことをお二人が決めておくべきかどうゆう話合いをすれば子どもにとってよいのか考えていただくために講座を開きます。
そこで、最近増加している調停を通して離婚の話合いを疑似体験して頂く講座を開催します。一緒に考えてみませんか。

ADR調停を使った相談
 離婚しようと思って
 結婚する人なんて
 一人もいません。

でも、離婚することになったら!

「何から話し合えばいいの?」

「養育費の支払いで揉めないために・・・」

「子どもの面会交流は条件を決めてキチンと会わせたいが・・・」

こうしたお悩みは、是非とも私たちに調整させてください。
私たちは、他に例のない離婚専門集団です。
この離婚の話合いに立合う
ADR調停者!求められる力は、次の3つ。

1.むやみに争わないスムーズな離婚を語る力

2.離婚条件はキチンと双方の主張を取り入れる

3.ADR調停者が公平で中立な第三者として仲裁

仲裁をするADR調停者は、一人一人がこの力を日々磨いています。

ただ、逆説的になりますが、調停者からの願いは、ただ一つ。
『お二人が離婚をする理由より、子どもの気持ちを第一に考えて!』と。

双方に寄り添い、心のこもった温かい提案ができることを、
私たちADR調停者は離婚の専門家として目指しています。

皆様の離婚に関するお悩みは、
豊富な調停経験を持つ私たちなら解決のアドバイスができます!

是非、お電話かお問合わせフォームより、お気軽にお尋ね下さい。
ご連絡お待ちしております。

 

ADRセンターでは令和3年12月より離婚前後の親権、婚姻費用、養育費、財産分与、面会交流などについて、とくにひとり親家庭の状況を理解している、家事調停事件に精通したメンバーによる相談をお受けしています。

「カウンセリング型離婚相談を相談を受けてみた!

「初めから話を聞いてほしい」「まずは離婚についてのアドバイスがほしい」など、お悩みに応じたアドバイスをいたします。
一人で悩むより離婚相談の経験の豊富な専門家と一緒に考えることで解決策が見えたと相談者の多くの方が言われます。まずは、お問い合わせください。

 

離婚後にもめる場合の一番の原因は、お二人で話し合いった内容をキチンと書面にしてないケースがほとんどです。
離婚後に来られるご相談者の多くが口約束で、しかも協議離婚を選択されています。離婚後の約束しっかりと文章にしましょう。
では、何を書いておけばいいか?詳しくはコチラから・・・

離婚のお悩み

離婚の証人

親権の要求とは

DVで離婚

離婚する7ヶ条

親権者変更とは 

間接的面会交流

離婚協議書

熟年離婚リスク

離婚後に養育費

新着情報

2022/04/9
イオン筑紫野で離婚と相続の相談会をします(事前予約可)
2019/09/9
離婚と相続のADRセンターは
法務省の認証を取得しました
2019/07/04
離婚と相続のADRセンター
ホームページを公開しました
2018/03/05
一般社団法人福岡相続支援センター案内を作成しました

アクセス

〒818-0056 筑紫野市二日市北2-3-3-205
西鉄二日市駅東口から徒歩3分

センター長 水田 耕二

センター長ごあいさつ

離婚と相続のADRセンターでは、離婚と遺産分割のADR調停を行っています。当センターは法務省の認証を得た民間で調停を行う機関です。 九州では、唯一この離婚と相続のADRセンターだけが離婚ADR調停を行っています。 離婚協議書作成のご相談もお受けします。家庭問題を豊富な経験からシンプルな解決策を提案します。福岡で離婚と遺産分割の話合いは「離婚と相続ADRセンター」をご利用ください。経験豊富なメンバーが、これまでの経験から蓄積したノウハウをもとに、個別相談と離婚セミナーのご提供もしています。

 

  • 離婚と親権、財産分与、慰謝料、養育費といった離婚に関する問題
  • 熟年離婚の問題を解決する財産分与やローンに関する問題
  • 養育未払いや年金分割に関する問題
  • 離婚ADRを使った民間の離婚調停

   ※申立料 11,000円(税込)
   ※第1回調停 5,500円(税込)
 以降各回ごと 

*上記費用はお一人様分です

お問合せはこちら

092-921-9480

ご相談の申込みはメールでもお受けします。お気軽にお問合せ下さい。

   カウンセリング型 離婚相談  

お二人同席 カウンセリング 
1時間
   11,000円(税込)
 90分 16,500円(税込)  
*ADR調停利用相談は無料

 1通 88,000円 (税込)
 *公証役場費用は別途

博多駅・天神で出張相談