面会交流

面会交流は子供の成長にとって大切です

面会交流で押さえるポイント

1.面会交流は何を決める?

ADRセンターに面会交流のご相談があった場合には、面会交流(離婚又は別居で親子が会うこと)について取り決めることをおすすめしています。私の住む某市では離婚届も面会交流について記載する部分がありません。

しかし、離婚する際には「一体何を決めればいいか分からない。」という声はけっこうあります。そこで、当ADRセンターの元家裁調査官が面会交流で取り決める事や面会交流の方法も含めた内容について参考までにお知らせいたします。


決めるべき事項

一般的な面会交流では、①会う回数、時間、場所などの話し合う方法について決めます。これらに加えて、子どもの受渡し方法や次回の面会交流についても協議をするなど細かい部分まで決める場合もあります。

ただし、面会交流は子どもの体調や学校の予定まで含めて考え行うべきものですが、きっちり細部まで決めておかない方がやりやすい場合が多いものです。例えば、「月に一回程度、時間や場所は子供の事情を考慮して親の双方が協議して決める。」といった内容にしておく方がいいでしょう。

子供の体調や学校行事などを考えながら、「今月は学校行事が多く子供も疲れているから午後からしよう。」とか、「夏休みだから一日遊ばせよう。」とか調節することができます。しかし、これは理想で、夫婦間の紛争が大きければ大きいほど問題は深刻になります。そのため、問題が多い夫婦間にもかかわらずアバウトな決め方をしていると、結局会えなくなりその後トラブルになりかねません。

そのため、面会交流の考え方は、基本的な会い方を想定し問題になりそうな点をピックアップしてそれについてしっかり決めるという方法が良いでしょう。
 

2.予定の面会交流日がキャンセルになったとき

問題となるのが、面会交流がキャンセルになった場合の対応についてです。子どものことですので、風邪をひいたり、習い事や急な学校行事が入ったり、いろいろ事情で決めた日時に面会交流ができない場合が起こります。本来は、子どもの福祉を優先し、「じゃあ今月の面会交流は難しいから来月変更しよう。」と臨機応変に対応すべきなのですが、別居親としては、「ほんとうに都合が悪いのか?会わせたくないだけでは!」と疑ってしまうです。

逆に合わせる方の親は、ちょっとしたことでキャンセルしようとする人もいます。こうしたトラブルを避けるため「変更する場合は●●」と約束をあらかじめ加えておくという方法もあります。しかし、あまり細かく決めると双方にとって難しくなります。

親としては決めた通りに日時を守り、変更やキャンセルする場合は、相手方には柔軟に対応することが良い面会交流はないでしょうか。「月に1回程度、6時間程度ならばOK」といった感じでしょう。


3.会交流の内容

面会交流でもめているケースでよく見られるのが、「回数と時間」の争いになってしまうという状況です。相手の親はできるだけ多くそして長く会おうとし、会わせる側の親はなるべく少なく短時間にしようとします。

こういう争いになってしまうと、本来の主役である子どもは蚊帳の外におかれ、面会交流の本来の意義が失われてしまいます。

大切なのは、「何回、何時間会うか。」ではなく、「会って何をするか。」です。面会交流のパターンについていくつかご紹介しておきましょう。


相手方の親の家に泊まる

相手方の親と生活を共にすることは、子どもにとってプラスです。また、自宅に以前子どもが住んでいた家の場合、懐かしく思い出も共有できるでしょう。時には、近所の友達も一緒に家で遊んだりすると両親の離婚による寂しさも多少は軽くなるかもしれません。

また、家で過ごしますので、子どもはあまり疲れず、子の日常の一部分として親との交流を楽しむことができます。


本来、子どもは「お泊り」が好きで、テレビを見たり、お風呂に入ったり、寝る前に本を読んでもらったりといった親子のふれあいを持つことができるので宿泊はおすすめです。

しかし、合わせる側の親にしてみると、子どもを相手方の家で過ごさせるのは、相手に渡すことになり、不安に感じます。また、年齢によっては、ストレスになる子どももいるでしょう。

そのため、双方の紛争の程度や子の年齢や性格を考えて日帰りや半日にいった調整は必要です。


また、会わせる側の生活のなかで休日は一緒に過ごせる時間は大切です。毎週末会わせるといったことは難しいので月に1回程度までとし、その分、夏休みや冬休み等の長期休暇の際というのもいいかもしれません。

4.相手方の実家に泊まる

これは相手方親の自宅で過ごすのと同じ要素ですが、祖父母が加わると子どもの楽しさも倍増します。調停や審判になると、「祖父母が前面に出ることは面会交流の対象ではない。」と言われがちですが子どもにとっては祖父母と触れ合うことは大切だと思います。

ただ、自分の息子(娘)かわいさに合わせる側の親の悪口を言ってしまう祖父母は問題外です。双方ともに注意しましょう。

5.夕食を一緒にする

最近は習い事で忙しい子どもが多く、休日に会わせることを嫌う親もいますがまた、年齢が小学校高学年になってくると、休日は親より友達と過ごしたいという気持ちも出てくるものです。

その場合には、平日の夕飯を一緒に食べるというのも案です。ただ、子どもと夕食を食べるのですから、そんなに遅い時間までの面会交流は困ります。2時間程度を目安にしましょう。

子どもの年齢が低い場合は、会う側の親の家で夕食を食べ入浴も済ませたところで合わせる側の親が迎えに行く、というのも子どもにとっては楽しい時間になるかもしれません。


ショッピングモールで会わせる

大型ショッピングモールで買い物や食事をしたり、その中で映画を見たり、ゲームをしたりといったパターンも増えています。

会わせる側の不安を軽くできて、一つの場所でいろいろできますので、長時間会えるというメリットもあります。


6.博物館など

季節や天候に左右されることもありませんし、お子さんも楽しめる内容のところが多いように思います。

また、教育的な場所に連れて行ってもらう方がうれしいという側面もあります。単純に遊ぶという面会交流も織り交ぜながら実施するのが大切ではないでしょうか。


 

お問合せフォーム

 

メールではご相談の本当の背景は分かりにくいケースがほとんどです。
ご相談者の本当のお悩みは、直接お会いすることでしか共感できないと当センターでは考えております。

ご面倒でも一度、面談してのご相談のご予約をお願いします。

※お問い合わせには、お客様のご相談希望日をご記入ください。
 

お問い合わせ頂きましたら、当センターより確認のご連絡をさせていただきます。

 

以下のフォームに必要事項をご記入の上、「送信する」ボタンをクリックしてください。

必須
必須

(例:山田太郎)

必須

(例:やまだたろう)

(例:000-0000)

(例:○○県○○市○○町1-2-3)

必須

(例:03-0000-0000)

(例:03-0000-0000)

必須

(例:example@example.com)

必須
  • 必須

    (例:32歳、50代 など)

  • テキストを入力してください

    ※次の画面が出るまで、4〜5秒かかりますので、
    続けて2回押さないようにお願いいたします。

    入力がうまくいかない場合は、上記内容をご確認のうえ、メールにてご連絡ください。

    送信先アドレス:info@seminar-fukuoka.com

    コロナに対応しています。

    お問合せはこちら

    092-921-9480

    ご相談の申込みはメールでもお受けします。お気軽にお問合せ下さい。

       ご相談料金(税別)    

     50分   7,000円
     100分  13,000円

     1通   80,000円
    *公証役場での代理作成料含む

     申立料  10,000円
     調停費用 10,000円
        (1回1hにつき)
    *上記の費用はお一人様分です

    博多駅・天神で出張相談

    お問合せはこちら